DHAを摂取して生活習慣病を防ごう

DHAは不飽和脂肪酸として生活習慣病に効果があり身体には必要な栄養になります。

血栓を防ぐ効果もあり血圧を気にしている人には特に良いです。

動脈硬化やコレステロール、高脂血症等血液に関わる不安要素は多いですがDHAを摂取する事で予防は可能です。DHAは青魚や魚の目に多く含まれていますが摂取するなら生で食べるのが一番効率良く取れます。

DHAを含む魚の油は溶けだし易く酸化もし易いので新鮮な刺身や寿司で食べるのが栄養的には良く火の通し過ぎには注意する必要があります。

火を通す食べ方をする場合は炙りの様な中まで火を通さない方法や煮魚が良いです。

煮魚は火を通しますが煮汁に溶けだした魚の油、DHAを一緒に食べれば効果を得られます。魚が苦手という人にはサプリもありこちらは場所を選ばず安価に摂取する事ができます。

毎日DHAを摂取したい人はサプリも良いですが取りすぎてもあまり効果は期待できないので目安の摂取量は守りましょう。

血を健康な状態に維持できれば病気の危険性も少なくなるのでDHAを定期的に取って生活習慣病を予防しましょう。

DHA・EPAを取るなら、お魚料理がオススメ

DHAの効能は、人間の脳細胞を作るのに、欠かせないものです。

簡単に摂取できるのが、お魚料理です。

お魚を食べると、記憶力が良くなるので、頭がいい人は好んで食べています。

お魚には、健康づくりに必要な、タンパク質があるので、肉料理だけではありません。

疲れを取ってくれたり、血液をサラサラにしてくれて、目が良く見えるようになるタウリンも含まれています。

また、歯や骨を丈夫にする、カルシウムも入っています。

EPAとは、コレステロールや、脂肪を減らす働きがあります。

たくさん食べても、太りにくいので安心して食べれます。

糖尿病になった人は、魚料理にして体質を変えれば、治ると思います。

DHA・EPAは、頭が良くなり、疲れにくく、体を丈夫にする働きがあるので、是非とも試して欲しいです。

お魚料理にしたところ、健康診断で、血液検査の欄が非常に良くなっていました。

なんでもそうですが、継続することが大事だと思いました。

年齢による体力の低下は免れないので、お魚料理に切り替えた方が、はつらつとしてて、若々しく見えます。

継続すると結果はついてきます。