EPAという成分は聞いたことがあるという人も多いと思いますけど、いろいろな働きをしてくれます。その1つが血液の中のコレステロール値に作用して、その値を下げるという効果です。コレステロールの値というのは、若い頃にはほとんど気にしないと思いますけど、歳をとってくるとだんだんと気になったり、指摘されたりしてくるものではないか?と思います。したがって、コレステロール値を改善したいと思っている人は多くいるのではないか?と思います。そういったときに1つの方法としてはEPAを摂取するというものがあるので覚えておきましょう。EPAは特定の食べ物を食べれば摂ることができますが、毎日都合よくそういった食べ物を摂るとは限らないので、場合によってはサプリメントの方が摂りやすいということは言えると思います。したがって、EPAを含んだ食べ物を継続的に定期的に摂っていこうと思ったら、現実的にはサプリメントを利用するのが良い気がします。EPAは健康に関しての効果が特に魅力的なので、方法は何でも良いと思うので、年齢を重ねている人は摂っていくと良いでしょう。

血液サラサラを目指すなら是非摂りたいEPA

生活習慣病のリスクが高まると言われる血液中の脂質、コレステロールや中性脂肪、気になりませんか?エイコサペンタエン酸(EPA)はドコサヘキサエン酸(DHA)とともにオメガ3といわれ、血液の凝固を防ぎ、血液をサラサラにしてくれる栄養素のひとつです。EPAもDHAも魚に多く含まれています。EPAを摂るのにおススメなのはアナゴの煮凝りです。アナゴはEPAはもちろんのこと、ビタミンAやビタミンEも豊富に含んでいます。脂質の代謝を助けて血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす作用のあるミネラル、クロムも多く含まれているので積極的に摂りたい魚です。しかもアナゴのカロリーはウナギの4分の1しかありません。EPAは脂肪に含まれているので逃がさないような調理をします。それには蒲焼きよりも煮凝りがおススメです。アナゴを開き、幅1センチくらいにきったものを料理酒とおろし生姜をまぶしてラップをし、電子レンジで2分ほど加熱します。市販のめんつゆを混ぜて荒熱をとり、冷蔵庫で冷やして固めます。大根ときゅうりと生姜のせん切りを一緒に盛り付けて食べます。煮凝りなら加熱により溶けだした脂肪の中のEPAも逃すことなく、美味しく食べられますね。

子供も大人も積極的に摂りたいDHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエ酸)はオメガ3と呼ばれています。この栄養素は人間の身体を健康に保つために重要な働きをしています。DHAは脳や神経細胞に多く含まれ、脳の働きを活性化するには欠かせませんし、EPAは体内のすみずみまで栄養をいきわたらせる血管の詰まりを防ぐ働きがあります。血管が詰まってしまえば、心筋梗塞や脳梗塞などの病気や、脳血管性痴呆や片麻痺障害などを招く恐れがありますから、生涯にわたって積極的に摂りたい栄養素と言えます。DHAもEPAも魚、とくに青魚に多く含まれています。青魚というとピンとこないかもしれませんが、アジやサバ、いわしなどの背の青い魚のことです。青魚は脂肪が多く、しかもその脂が傷みやすいことから敬遠する人もいますが、新鮮なうちに処理することや加熱することで美味しく食べることが出来ます。新鮮なアジが手に入れば、3枚におろして骨を取り除き、包丁で叩いてたたきにし、生姜、ミョウガ、シソなどの薬味を刻み入れて、酢醤油で食べるのが一番さっぱり食べられる「アジのタタキ」ですが、それに味噌を入れたのが「アジのなめろう」、さらにそれを小判型に丸めてシソをのせて焼いたのが「アジのサンガ焼き」です。千葉県の房州でよく食べられる漁師料理ですが、大人はタタキで子供はサンガ焼きにするなど好みに合わせて一度に作れるのがミソです。DHAとEPAが手軽に摂れるのでおススメです。

呆けずに健康生活を送るならDHA・EPAを摂りましょう

オメガ3についてご存知ですか?オメガ3はドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)の総称です。この二つは脳細胞と血管を健やかに保つことで生活習慣病を予防し、なおかつ頭も良くなるという無敵の栄養素です。もう少し詳しく言えば、私たちの身体は血管によって栄養や酸素が運ばれて老廃物が排泄器官まで送られていきます。その血管がコレステロールや中性脂肪といったもので詰まったり、詰まらないまでも血液がドロドロ状態になってしまえば、栄養や酸素が身体中にいきわたらなくなります。すると、脳の発達が妨げられたり、脳神経細胞の働きに支障が出たりして病気の一因となってしまいます。いわゆる生活習慣病ですね。長年にわたる食生活や運動不足、睡眠不足やストレスにより心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中といった命にかかわる病気にり患するリスクがあるのです。それを予防し、呆けずに健康な生活を送るためにもDHAやEPAは積極的に摂ることが肝要です。DHAとEPAは主に魚料理に多く含まれています。魚料理というと億劫な気もしますが、缶詰でも栄養は変わりませんから、気軽に始めてみませんか。

青魚が苦手でも効率よくDHAを摂取できる!

DHAが体にとって嬉しい働きをしてくれることはわかってる。脳を活性化する作用は有名だし、他にも生活習慣病予防やアレルギー症状の改善に役立つなど、いろんなパワーを秘めていることも知っている。

そのDHAを摂取するには、どんなものを食べればいいか?

答えは「青魚」

…その青魚がどうしても苦手で食べられない!

そんな方も安心してください。青魚を食べなくても、体の中で作られないDHAを食事から効率的に摂取できる方法があるんです。どんな方法かというと、エゴマ油を取り入れること。エゴマ油に含まれる「α-リノレン酸」という成分が、体内でDHAに変換されるんです。

…だけど料理なんて全くしない!

そんな方も大丈夫。ドレッシングの代わりにサラダにかけたり、お味噌汁やスープに垂らしたり、パスタやヨーグルトに加えたりするのもOK。バターの代わりにトーストしたパンに塗ってもおいしいですよ♪

ただ、やはり油なので摂り過ぎにはご注意を。目安として、一日に小さじ1/2ほどがちょうどいいようですよ。また、エゴマ油は酸化しやすいので、あまり大きくないサイズのものを購入できるといいですね

 

妊娠している時に特におすすめのDHAを取り入れる方法!

DHAとはドコサヘキサエン酸と呼ばれ、主に魚油に多く含まれる脂肪酸のことです。
人体では脳・目・中枢神経、心臓、精子、母乳などに多く含まれ、特に赤ちゃんの成長を助けてくれる重要な栄養素の一つなので妊婦にはぜひ取り入れてもらいたいと思います。以前お風呂屋さんでバイトをしていた時にDHAを多く含んだ飲み物がありそれを販売するに至って商品知識として覚えていたからですが、今、自分が妊娠しているので、できるだけ魚からこのDHAを取り入れたいと思い、食べるようにしています。例えばサンマやサケの切り身、マグロ、などはDHAが多く含まれるので、なるべく焼いたり似たりしたもので取り入れ、お腹の中の赤ちゃんにも栄養がいきわたるようにと、母乳にも良い影響がでるように工夫しています。イワシは煮干しにしたもので焼いておやつ代わりに食べたりサバは焼くだけで簡単に取り入れることができるので、なるべく食べるようにしています。妊娠していると食べ物にもいくつかは制限があったりするので、このようないい働きのある栄養素であれば積極的に取り入れるようにしています。